CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
<< YELL ART | main | 2ヶ月後の仙台 >>
仙台へ
 

3/31の夜、高校からの幼なじみのしょうちゃんと仙台に向けて出発しました。
明けて4/1の夜中に車窓から眺めた仙台の街は明かりは少ないものの、それほど変わった様子はなく、僕が知っている風景でした。

家に帰り、両親の元気な顔。
僕が帰った理由は、アーティストASAKURA KOUHEIとして、地震後の生まれ育った環境を見ておきたかったから。
それと、子供達と遊びを通して楽しい時間を共有するワークショップをする足がかりを作るため。
それから、友達に会うため。

友達と一緒に帰れたのはよかった。いるだけで勇気が沸いてくる。



4/1は自転車で塩釜まで。

途中、七北田川に流された家が。


多賀城にさしかかると、津波の被害が出始め、路肩には潰れた車が並び、民家の外には家具類が出されていた。

津波を被った地域と免れた地域の差はほんの少しの地形の差だったり、川の向こう側だったり、わずかな違いなんだけど、被害の差はとっても激しい。









塩釜には去年展示させてもらったギャラリー「ビルドスペース」がある。
ビルドの高田さんと再会。


津波で床上浸水し、床にはヘドロが積もった状況だったけど、先日みんなが集まって掃除したから、今はもうピッカピカ!!
みんなの優しい声が聞こえた気がしました。



さらに、高田さんが買ってくれた絵「MOOSE」とも再会!
よく無事でいてくれた。高田さんありがとう!!

高田さんの言葉で印象に残ったのが、節電の話。
「テレビの街頭インタビューで、被災地の困ってる人のために節電してますと言っている人がいたけど、私は電気をシェアする気持ちでいます。」
って。
「節電」と「シェア」
「節約」するのと「分け合う」違い。

ビルドでは避難所の子供達のために文具を集め、それを配る活動をしています。
僕も家からスケッチブックとかクーピーとかいろいろ持って行きました。
4/9から子供達に配られるようです!


津波の被害は塩釜より、七ヶ浜の方がひどいらしい。
明日、七ヶ浜の炊き出しのための下ごしらえをする。

高田さんから情報を得て、翌日はその炊き出しの手伝いをすることにしました。

この日の夜仙台に戻り、友達のダンケとアヤに再会。ご飯を食べました。
街中の飲食店はもう開いているところも多いです。

翌日、4/2
塩釜市公民館で炊き出しの下ごしらえ
ここでは、れいじくん、おおぬまくん、アスカちゃん、しょうこちゃんと再会。
昨日会った高田さん、ダンケ、そして東京から一緒に来たしょうちゃんと作業。

たくさんの友達と再会できてよかった。ほっとした。

野菜をひたすらに切って切って切りまくりました。

その日の帰り、しょうちゃんが運転する車で七ヶ浜の沿岸部を通ったんだけど、ここは七ヶ浜でも一番被害が大きいところ。
夕暮れがせまっていてちゃんと見えなかったけど、住宅街だったはずの場所に家がない…
ショックで言葉が出ない。。






翌4/3
炊き出し当日。
東京から来たYELL ART発足人のササユウと合流


この日のメニューは、
・大鍋ちゃんこ塩味餃子ぶっこみ野菜沢山具沢山
・大鍋ちゃんこ醤油味肉団子ぶっこみ野菜沢山具沢山
・キュウリとニンジンと大根のぬか漬けと白菜漬け
・キャベツの塩昆布あえ
・焼き芋、焼きじゃがいも
・キャベツ、ニンジン、豚バラ炒め
・焼きウインナー
・大根とニンジンの野菜スティック
・大鍋甘酒

と、全体的に野菜!野菜!!野菜!!!
というメニュー

避難所の食事は炭水化物が多くなりがちだからとても喜ばれました。
いっぱい作ったので僕らも食べたけど、ん〜うまかった。

↑レイジくんの熱いっけどうまいっの図


この炊き出しは塩釜出身の写真家、平間 至さんの企画でした。
平間さんはシブヤ大学の講師もやってます。




炊き出しが行われたのは七ヶ浜の松ヶ浜小学校。
体育館が避難所になっていて、子供が元気に遊んでたのが印象的でした。
プールサイドから水が張ってあるプールにサッカーボールを思いっきり蹴る→プールに落ちたボールが風で岸に近づくとボールをたぐりよせてまた蹴る。という遊びを繰り返してました(笑)


そんなことをしていると、自転車に乗ったお兄ちゃんが随分日焼けした顔でやってきました。自転車にはたくさんの野球道具がくくりつけられています。

お兄さんの話
「埼玉から来ました。仙台まではバスで。仙台からは自転車で。新聞にこの避難所にいる小学生が載っていて、野球道具があったら、避難所で楽しく暮らせる。野球道具がほしい。という記事だった。」
このお兄さんいい顔してたなぁ!
バッドやグローブ、ボールは幸町中学校でもらってきたという。
野球道具をもらった子供達もいい顔してたなぁ。。

サッカーボールを蹴ってた子供達、実は野球少年でした。
一緒にキャッチボールしたけど、いい肩してた!

被災地には、こういうドラマが溢れている!!
救われるドラマもあるし、救われないドラマもある。

この日の炊き出しはお昼だったので、帰り道は明るかった。
被害状況もよく見えた。



この家だけぽつんと残って、あとここ一帯の家は流されてしまった。






砂浜にはコンテナがゴロゴロ。







4/4日はおとみさん(朝倉家で父のこと)と釣りに行きました。

この時期、おとみさんは北上川河口付近でサクラマスという大きな魚を狙っています。
サクラマスとは、降海型のヤマメです。
川で生まれたヤマメのうち、川に留まるものを陸封型のヤマメ。海に下って成長したものをサクラマスといい、大きなものは70センチにもなります。
本来の鱒寿司に使われる魚です。

今年は地震の影響でよく釣れるみたいです。
漁師が仕掛ける網が流されたからで、産卵のため、川に上って来ることができる魚が増えたためみたいです。
1年で5匹くらい釣れれば喜ぶおとみさんが、1日で9本釣れた日もあったそうで、「ゆめのよう」だと言っています。
そんなことを聞いたら黙ってはいられません。

地震でおもいっきり喜んでやろうと思いました。

が、、、サクラマスは釣れず、
ギンザケがたくさん釣れました!!



調べたら、ギンザケは日本の川には上らない魚で、千島列島からカリフォルニア辺りまでの北太平洋に分布する魚みたい。
じゃ、どこからきたの?といいますと、宮城県はギンザケを養殖してるんです。
きっと、地震で逃げ出したギンザケが川を上ってきたんでしょう。




ルアーがザギザギになるまで釣れたことなんて今までなかったし、サケに憧れてたし、こんな大きな魚を釣ったことなかったからスゴイうれしかった!!

帰ってからさばいてムニエルにして食べました。
少しビールを飲んでおとみさんと話をしました。

おとみさんは児童養護福祉施設で働いています。
地震で電気もガスも水道も通わなかったとき、子供達といろいろ工夫して楽しく過ごしたみたい。
トイレはグラウンドに穴を掘って、ドーム型のテントの床に泣く泣く穴を掘ってかぶせ個室にし、使用後はヒノキなどの香りがいい葉をかぶせた。

普段用意してある薪でお湯を沸かせて子供達は3日に一回お風呂に入れた。

食べ物、水は常に備蓄してあって何も困ることはなかった。


原子力発電についてはこう言ってました。
「処理に何百年もかかることは、今生きてる人間がやってはいけないこと」

僕もそう思う。

今日本中で、世界中でエネルギーについて考え直したい。
自然環境に沿った方法で、人間の生きるリズムで生活が行えないだろうか?

木に年輪がある様に、あらゆる材料には年齢があって、その年齢分の時間をかけて消費し、自然に戻すのがその材料を使う上での責任じゃないだろうか。
そんなことを思いました。





仙台にも春が来ています。
青い花を咲かせたオオイヌノフグリ


赤い花を咲かせた梅


黄色い花をさかせた福寿草







かわらないものの存在に、こんなに心を動かされた春は初めてだ。







| - | 07:42 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
こうへいさん、
仙台の様子がとてもよく伝わってきました。
私は宮崎で原発の反対活動に参加しています。
串間市というところで、今原発建設の話があがっています。
これを阻止できれば、新しい流れが作れるかなと、、期待。

お体に気をつけて頑張ってください。
応援しています。
| shizuri | 2011/04/11 6:35 PM |
shizuriさんコメントありがとうございます!

串間市の原発反対活動応援します。

やってはいけないことも必要ならやってしまう。
止む終えない理由があると言って。
そんな歴史を繰り返して、結局自らを苦しめている。

地球と人のリズムは違うかもしれないけど、1小節に4つ打つ四分音符と、1小節に8つ打つ八分音符みたいに、セッションできるように暮らせないかなぁ。

原発、、わかってて気付かぬふりはしたくないですよね。
反対運動頑張ってください!





| asapon | 2011/04/12 1:46 AM |
朝倉くんおひさしぶりです!文化の同期のえいこです。わかるかな??
なんかのきっかけで、ブログ見させてもらってたよ^^
なんだかすごく感銘を受けて、思わずコメントしちゃった!
自分の良く知る街が、こんな状況になって、私とは比べもものにならないショックがあると思うのだけど、朝倉くんの目線で見た宮城の様子がとても印象的でした!
| eiko | 2011/04/15 4:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.asakurakouhei.com/trackback/1176229
トラックバック