CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
<< 夏!夏!夏! | main | I DISCOVER IRIS COLOR >>
夏!夏!夏!vol.2






夏!夏!夏!




昨日帰って来た。
WANDERVOGEL第二弾

長野の安曇野には友達がいる。Tっていう。
山梨の南アルプスが実家の友達がいる。若葉ちゃんっていう。

ってなことで釣り旅行です!!!

やーーー
うれすぃーーー!!!!


いつもの釣りの師匠。のりあにとの楽しい旅。
安曇野→南アルプス





長野のヤマメ

とってもキレイ。
いつ見てもイイ。


太陽ギラギラ
肌はヒリヒリ
雲はモコモコ


にわか雨バシャバシャ


川は濁る
川が走る
この位がちょうどいい。
上から餌がいっぱい流れてくるから魚が活性するし、
濁りで僕らが見えにくくなる。

さて、これだ。
「これは何でしょう?」

これは、これだ!!!!

これは、尾びれ







ニジマス
49.5cm
釣り人ASAKURA KOUHEI
立会人のりあに
山梨県釜無川本流

モンスター級!
日本ではこのサイズのニジマスは非常にBIGです!!


0.5号の糸(0.1ミリくらい)
上げるのに15分かかりました。


今までの渓流では一番の大きさ。
スゴイ力で引っ張ってくる。

糸が切れるかも
竿が折れるかも
ジャンプで針を外されるかも

川を下られたら終わりだ。
向こう岸に走られたら糸が切れる。

魚との真剣勝負。
どっちの本気。
動物との真剣勝負なんでそうそう体験できない。

タモ(あみ)が小さくて入らない。
腕もパンパン。

最後はわずかな砂利場にずり上げる形で魚を手にしました。

水たまりに放しました。


ヒレピンのきれいなレインボー

さて、リリースしようか、殺して食べようか。
きっと、5〜6年釜無川で生きたヒーロー。

「食わないなら釣るな」が僕の考え。
スポーツフィッシングは嫌い。
小さな子供の魚は帰って来てほしいから放すけど。

ちょっと迷ったけど、食べることにした。
よく研いだナイフでエラの奥を切って血抜きをして、お腹を切ってワタを取った。

胃の中には昆虫がいっぱい。


キリギリス
アブラゼミ
コガネムシ
カナブン
カワムシ

このレインボーを食べれば
虫の命と僕の命がつながる






| - | 16:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
やべえ!!!!!!!

この大きさははんぱねえ!!!!!!!
| とこのひろ | 2011/08/16 2:47 AM |
だしょー!だしょー!

これ、10月1日にやるパーティーでみんなに食べてもらおうと思います。
薫これから薫製にしますー!!
| えかきのあさぽん | 2011/08/20 7:04 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.asakurakouhei.com/trackback/1176238
トラックバック